はじまりのとき

僕は京都市下京区で生まれ育ち、大学を卒業するまで実家で暮らしていました。
実家は狭小京町家で、1階2間2階2間、風呂はなく銭湯に通っていました。
祖母、両親、3兄妹の計6人で住んでいましたから、幼い頃は兄弟げんかもしょっちゅうでした。
プライバシーもなかったし、けっして快適ではなかったけど、実家に愛着はあります。
今の家族の絆もこの環境だったから築かれたと思うと、この家で育って良かったと今は思います。
設計する時に、オープンな空間や家族の気配を繋ぎたいと思うのもこの経験があったからだと思います。

20歳の頃安藤忠雄さんの展覧会を見て、雷に打たれたような衝撃を受けました。
「建築家こそ自分の目指すところだ」と思い、いろんな人に夢を語りました。
3回生からインテリアコーデイネーターの夜間コースに2年通い、自分なりに努力もしました。
しかしながら、「僕は文系だから、きっと建築家は無理なんだろうなぁ」
と諦めている別の自分も心の中にいました。

「せめて同じ業界の仕事に」と考え、
ハウスメーカーの営業に就いたのが、僕の家づくり人生のはじまりでした。

佐野 泰彦

1970年京都生まれ
同志社大学経済学部卒業

住宅の営業・設計・現場監督等実務を重ね
2009年5月佐野泰彦建築研究所一級建築士事務所を開設し現在に至る

【資格】
・一級建築士
・福祉住環境コーディネーター2級
・京都市文化財マネージャー
・京町家耐震診断士(構造建築士)

ブログ「3.4.5」

佐野泰彦建築研究所
一級建築士事務所

〒604-8804
京都市中京区壬生坊城町48-3-1-708

TEL/FAX 075-756-5809

お問い合わせ